マッチングサイト制作の極意

2008年に入ってから、マッチングサイトの構築依頼が増加しています。


分野はさまざまで、プログラマー、SEに特化したマッチングサイト、流通に特化したマッチングサイトなど様々です。


現在当社で手がけたマッチングサイトで成功をしている例を参考に、マッチングサイトで成功するための秘訣を紹介していきましょう。


通訳翻訳.jp


↑はMovableTypeを使用した、通訳翻訳に特化したマッチングサイトです。1週間に2件~3件の案件が登録されます。1件に対する手数料が3万円以上なので、月概算すると実に30万円以上の収入を叩き出しています。


運営者様は、これからこのサイトを社を代表するひとつのメディアとして、もっと軌道に乗せるべく試行錯誤して拡張を考えておられます。


すでに軌道に乗りかかっているサイトは、少しの手を加えるだけで多くの反響を呼ぶことが出来るのです。しかし、軌道に乗せるまでが簡単ではないのは、みなさんお分かりのはず。


では、マッチングサイトを構築する上で最も重要なことは?


1・いきなり費用をかけすぎると失敗する恐れも・・・


まずは莫大な費用をかけずにその分野にニーズがあるか試すためにも、30万円~50万円でも構築できるホームページ製作会社を探しましょう。


当社では15万円から構築できるマッチングサイトを提案しています。


・ニーズが多い分野にしよう!


ニーズが多いということは、必然的に参入している企業も多いはず・・と思いがちですが、そんなことはありません。たとえ既に他の企業が参入していたとしても、それよりもいいサービス、安値で提供すればいいのです。


上で例を挙げた通訳に特化したマッチングサイトは、制作時には既に2社ほどの存在を確認していましたが、逆にそれらの企業サイトからノウハウを学び取ることも出来、ユーザーの観点からもそのサイトのナビゲーションなどの良悪を盗み取ることも出来るのです。


ニーズが多くなければ案件は登録されません。ここを重点におきましょう


3・案件登録者は出来るだけ安値で抑えたい!


マッチングサイトを構築する上でもっとも重要なのはこの点です。


案件を登録する立場になって考えて見ましょう。案件内容は・・・通訳が必要と想定します。


「通訳」と検索エンジンで検索すれば、100以上の通訳会社が検索結果へと出てくるはずです。


直接それらの通訳会社にコンタクトをとり、見積もりなり、内容を聞けばいいのに、なぜ当社の手がけた「通訳翻訳.jp」に案件を登録するのでしょうか?


それは、やはり値段です。出来るだけ多くの通訳者から多くの見積もりを取り、出来るだけ安く見積もりを抑えたいという考えがあるからです。


そこで↑の「値段を安く抑えたい」に繋がってくるさらに重要なの要点を解説しましょう。


4・個人も案件請け負う側として登録できる分野を探す


ここはかなり重要です。


案件登録者は出来るだけ、費用を出したくない。


ということは、別に通訳の単価がとても高い企業でなくとも、アルバイト感覚で安くお仕事を請けてくれる個人にお仕事を頼んでもいいのです。


なので、案件を請け負う側に「個人」でも対応できるような分野がマッチングサイトには適しているのです。


通訳翻訳.jpではその点大変有利です。通訳といっても、色んな言語があり、色んなレベルが存在します。


案件を登録する企業の中には、「今回のお仕事はある程度の英語力があれば大丈夫」といった場合もあり、それほど重要ではないお仕事に莫大な費用をかけたくないのは当たり前だといえます。


そんな時に、通訳翻訳.jpにお仕事内容を登録すれば、企業だけでなく、個人の通訳者からも、「それぐらいの内容だったら、格安で承ります」っと思わず目を疑うような見積もりも見込めるのです。


通訳、翻訳関連企業に属さない英語をしゃべれる日本人は、世界中に存在します。それらの人々をうまく取り囲んだ、マッチングサイトの提案を是非当社にお任せください。

お気軽にご相談ください!ホームページ制作に関するお問い合わせ

マッチングサイト制作の極意に関連するコンテンツ

ホームページ制作実績一覧
マッチングサイト制作の極意のTOP