自分が検索エンジンだったら?

SEOを考えるときにまず重点を置かなくてはならないポイントは、自分が検索エンジンだったどんなサイトを上位に表示させたいかを考えることです。

グーぐるに関しては、PageRankも被リンク数もそれほどの重要度を持っていない今、何をすれば検索結果の上位に表示されるのでしょうか?

検索エンジンがホームページの内容を把握しやすいように、ソースをきれいに、できるだけいらない箇所を省くのは当然として、その他に何があるのか?

最近ではSEOもたいした意味合いを持たなくなってきたといわれています。

優秀な検索エンジンは本当に有益な情報を発信しているサイトを上位に表示されるように、毎月何百もの条件を付け足していると言われています。

結果的に、十分なコンテンツ、見ごたえのあるコンテンツを作る以外に上位に表示させるのは困難な息へと到達してしまっているのです。

キーワードの出現率、非リンク数などさまざまな上位表示のための憶測が飛び交っていましたが、現在ではただただコンテンツを豊富にする。これ以外のSEOはもう意味がないのです。

検索エンジンは、訪問者が滞在する時間帯までも把握しているといわれているのをご存知ですか?

万一見たくもないページが一番上に表示されてしまっていたら、あなたならそのページから数秒で去ってしまうに違いありません。

またそのページは2度と見ようとは思わないはずですので、最訪問もしないはずです。検索エンジンはこの再訪問の否かまで分析しているに違いないのです。

本当に役に立つサイトなら、ブックマークに入れて何回でも訪れます、また同じ様に検索エンジンでまた調べ、再訪問します。

質の高いサイトには、人は長時間とどまり、サイト内のあらゆる情報を吟味していくはずです。広告ばかり貼り付けているアフィリエイのサイトが上位表示されなくなったのもこのせいだといわれています。

今までは「海外 ホテル」とキーワードで検索してみても、海外のホテル予約サイトを比較しているサイトが上位に表示されていましたが、現在では同じキーワードで検索してみても、海外専用のホテル予約サイトをしっかりと検索結果としてはじき出しています。

今日のSEOは明日の規約違反行為となってしまう恐れも十分にありえるのです。

パルムゲートでは、内容を重視したSEOの見直しを提案しつつ、サイトの企画をいたしております。

お気軽にご相談ください!ホームページ制作に関するお問い合わせ

自分が検索エンジンだったら?に関連するコンテンツ

ホームページ制作実績一覧
自分が検索エンジンだったら?のTOP