QA導入のメリット


ウェブサイトの最強の集客ツールは間違いなくブログです。


では、ブログ以外にも集客に役立つツールは存在しないのでしょうか?


インターネットコム株式会社と株式会社インフォプラントが行った Q&A サイトに関する調査によると、なんと利用者の70%が Q&A サイトで「無償でも回答したい」と考えていることがわかったそうです。


無償でも回答をしてくれる人がこんなにも多いと言うことは、Q&Aシステムを導入すればユーザーには確実にメリットがあるという事にもなります。


質問を登録したい人と、無償でも回答したい人とのニーズをマッチングさせる新しいサービスとして、当社でもお問い合わせが増えているシステム案件であります。


分野に特化したQ&Aシステムを導入すれば、その分野に特化したあらゆる疑問、解決法をWEBで紹介でき、集客にもかなりプラスとなります。


インターネットで調べ物をする際にどのような方法を取るか尋ねたところ、「検索エンジン」が50%、続いて「インターネット上の掲示板」が20%。「関連書籍」、「詳しい人に聞く」、「Q&Aサイト」はそれぞれ20%程度だそうです。


やはり検索エンジンを利用するのが圧倒的だが、Q&Aを含むその他の方法も少なくはく、第2、第3の方法として確実にQ&Aのサイトは利用されているのです。


しかし、考えてみてください。


検索エンジンであらゆる事を検索してみると、Q&Aの個々の記事ページへ飛ぶことが多くあります。


結果的に、40%以上の調べ物をする人達は、検索エンジンを介してQ&Aのサイトにも来ているということなのです。


集客ツールとして、なぜQ&Aを当社で提唱しているのかを解説していきましょう。


ブログが集客に強い理由は、SEO(検索エンジン最適化)に大きく関係してきます。





「Q&Aが集客に強い理由」というタイトルでブログを書けば、そのタイトルがそのまま<title>タグへ埋め込まれるようにしておけば、検索エンジンから「Q&A 集客」などのキーワードで集客する事が可能です。


ブログは自分の意思で書くものなので、どちらかというとアグレッシブに集客を行う事が可能です。


ブログを書くときに、タイトルに少し工夫を加えれば(こんなキーワードで集客したいというワードをタイトルに盛り込む)、様々なキーワードでの集客が可能になります。








Q&Aでは、Q(質問)を末端のユーザーが登録します。


末端のユーザーが登録する質問は、同時に他にも多くの疑問を持っているユーザーも多く存在するという裏付けとなります。


ブログのように、集客したいキーワードを意図的にタイトルに含んで集客を行う事は出来ない反面、Q&Aではユーザーの生の声・疑問をキーワードとする事が可能です。


例えば、「Q&Aシステムを導入するメリットは?」というQ(質問)が登録されたとします。


タイトルはもちろんメタタグの<title>にしっかりと反映させるようにしておけば、検索エンジンから「Q&A 導入 メリット」等のキーワードで集客を行う事が可能です。


これはあくまでもユーザーがユーザーの視点に立ち生成したタイトルなので、他にも同じような疑問を持ったユーザーに対してとても効果的・効率的にSEO対策とする事が可能です。


ブログであれば、タイトルに対して、しっかりとしたコンテンツを自分で考えて掲載する必要がありますが、Q&Aの場合は、A(回答)するのは、管理者かユーザーです。


Q&Aが盛り上がってくるまでは、管理者が自分で回答をしなければいけないかもしれませんが、軌道に乗れば、ユーザーが回答をしてくれるので、コンテンツは自動で増えていくこととなります。


また回答は常に投稿されるので、個々のページのコンテンツも自動で、半永久的に充実していくというブログには無いメリットがQ&Aシステムにはあるのです。





もし私が、通訳の会社を運営しているのなら、社員にブログを書かせるのはもちろんのこと、Q&Aシステムを導入し、通訳に関するあらゆるQ(質問)を受付、それに回答する事で、コンテンツを充実させるという手段を選ぶでしょう。


Q&Aはちょっとしたコミュニティサイトの要素も含んでおり、回答する側にも個性があり、様々な回答例を予想する事が出来ます。


質問に対し、ユーザーAが意見を述べ、それに対しユーザーBが「いや違う、こうであるべきだ」などと議論が白熱しても、それはそれで熱心なユーザーがいるという裏付けにもなるし、見ている側にもその熱心さが伝わるものです。


検索エンジンから効率よく集客が出来、同時にサイトの質が向上するQ&Aシステムを御社のウェブサイトに導入してみませんか?

QA導入のメリットのTOP