SEOに関する費用対効果

ご存知かもしれませんが、強制的に検索結果の上位に表示させるSEO手段があり、それを専門とする業者も存在します。


価格は、競争率によって比例して高くなり、例えば、「FX 比較」などの金融形の競合が多いキーワードでは、ヤフー、グーグルで1~3位に表示といった保証で、月々15万円から20万円以上の費用がかかります。

「FX 比較」といった競合の多いキーワードは、OvertureやGoogleAswordsで広告を出そうとすると、1クリックあたり200円以上します。


200円だと想定すると、15万円÷200円=750クリックです。


1日約25クリック分にもなります。


1クリック200円×30日【クリック広告】 = SEO業者にSEOをお願いする


上記のどちらも月々15万円以上と言う、決して少なくない広告費となります。


OvertureやGoogleadwordsを否定はしませんが、実際そんなに広告費をかけるのなら、コンテンツの制作費にお金を費やした方が将来的に、そのサイトがもっと大きく成長する可能性があります。


もちろんお金を使う広告なので、即効性はありますが、それは既にサイトの内容がしっかりと完成していて、見る側にもとっても利益のあるようなサイトでなければいけません。


サイトの内容・コンテンツが乏しいのに広告を打ってもそれは、効率が悪く、せっかくの広告を最大限にいかせることが出来ません。


広告にお金を費やす前に、まず月々にかかってくるだろう広告費を算出して、クリック数、レスポンス率を十分に分析することをオススメします。


広告を出していても、結果的に支出と収益がプラスマイナスゼロだった言う話はよく聞きます。サイトが100%完成していれば、プラスマイナスでも、サイトの価値を知ってもらうためには有効な広告手段と判断できますが、重要なのは再度同じサービスをリピートして使ってもらうことです。


広告費が無駄と判断された場合にはmすぐに広告の出稿をやめ、サイトのコンテンツに費用を費やす事をオススメします。

お気軽にご相談ください!ホームページ制作に関するお問い合わせ

SEOに関する費用対効果に関連するコンテンツ

ホームページ制作実績一覧
SEOに関する費用対効果のTOP